仲間意識と競争心の養成


 

大和市若竹剣友会 会則

第一章 総則

第1条 本会は大和市若竹剣友会と称する。

第2条 本会は剣道を修練し、剣道による青少年の心身練磨と相互の親睦を計ることを目的とする。

第3条 本会の事務所は事務局宅に置く。

第4条 本会は第2条の目的達成の為、次の事業を行なう。
(1)日常稽古及び土用稽古、寒稽古。
(2)本会員のみによる剣道大会。
(3)近郷の選手を迎えての剣道大会。
(4)県下各剣道大会への選手派遣。
(5)レクリェーション。
(6)段級審査及び各種登録等に伴う事務手続き。
(7)その他役員会に於いて必要と認める事業。

第二章 会員及び会費

第5条 本会の会員及びその資格を次の通りとする。
(1)少年会員 中学生以下で保護者の同意を得て少年会費を納め剣道を修練する者。
(2)後援会員 高校生以上で本会を後援し、後援会費を納める者。
(3)特別会員 高校生以上で本会を通じて、市剣連登録をし特別会費を納める者。
(4)父母会員 (1)(2)(3)の未成年の保護者。掃除当番や、役員会で決定した事業の実施にあたる者。但し、任意とする。

第6条 本会の会員で次の一つに該当した時は、その資格を失う。
(1)死亡した時。
(2)退会した時。
(3)会費を6ヶ月納めない時。
(4)本会の名誉を傷つける行為があり、役員会の決議により除名された時。

第7条 本会の会計は、少年会費、後援会費、及び特別会費並びに寄付金を似てこれに充てる。

第8条 会費は次の通りとする。
(1)少年会費は月額金1,000円を3ヶ月毎に年4回納入するものとする。
(2)後援会費は月額金1,000円を3ヶ月毎に年4回納入するものとする。
但し、少年会員が会員として修練終了するまでとする。
(3)特別会費は年会費1,200円納入するものとする。

第9条 本会に入会しようとする者は、入会届と同時に少年会費、後援会費、特別会費各々第8条に基づき納入するものとする。
但し、中途退会等したる場合は、原則として各々の会費等は返還しないものとする。

第10条 本会の会員で次の一つに該当する場合は、見舞金を贈る。
(1)病気入院20日以上。
(2)不慮の災害により重大な被害を受けた場合。
(3)その他役員会で必要と認めた場合。
(4)会員の慶事の場合の贈与は、前項に準ずる。

第三章 役員

第11条 本会に次の役員を置く。
(1)顧問 若干名 会員外より役員会の議を経て会長がこれを委嘱し、任期は定めない。
(2)相談役 若干名 会長、副会長を退任後役員会の議を経て会長がこれを委嘱し、任期は定めない。 
(3)会長 1名  副会長 若干名  会計 2名  事務局 2名  会計監査 2名
後援会員、父母会員より選出し、任期は原則として1年とする。
但し、再選は妨げない。
会長(代表)は会員外より選出される場合もある。

第12条 各役員の任務は、次の通りとする。
(1)会長は会務を総括し、会を代表する。
(2)副会長は会長を補佐し、会長事故ある時は、これを代行する。
(3)会計は金銭の保管・出納事務及び会計簿票の整理保管を行なう。
(4)会計監査は会計を監査し、年度末総会時に後援会員に報告する。
(5)事務局は本会の事務一切を行なう。

第13条 役員の改選は、任期年度末の総会時にこれを行なう。

第四章 総会及び役員会

第14条 本会の会議は、総会及び役員会とする。
定期総会は各年度末に行ない、臨時総会は会長が必要と認めた場合及び後援会員の
5分の1以上の文書による要求のあった場合、会長がこれを招集し、次の事項を決定する。
(1)事業計画及び予算決算に関する事項。
(2)会則の設定及び改正に関する事項。
(3)役員の選任及び解任に関する事項。
(4)その他会の運営に必要な事項。

第15条 総会は後援会員の3分の2の出席を以て成立し、議事は出席者の過半数を以て決し可否同数の時は、議長がこれを決定する。
但し、総会の場合は委任状を以て後援会に委任できる。

第16条 役員会は第11条の顧問、相談役、会計監査を除く役員を以てこれを構成し、必要な都度会長がこれを招集し、会長が議長となり次の事項を処理、決定する。
(1)総会で決定された事項を処理すること。
(2)会の運営上必要な事項を企画立案すること。
(3)役員会に委任された事項を処理すること。
(4)諸事業の実行委員を選出すること。
(5)上部団体<大和市剣道連盟等>への役員を選出すること。

第17条 本会の年度は、4月1日に始まり翌年3月31日に終わる1ヶ年とする。

第18条 本会則は総会に於いて3分の2以上の賛成を得れば改正できる。
但し、改正を付議するに当たっては最小限1週間前に総会構成人員全員に付議内容を知らしめなければならない。

第五章 附則

第19条 少年会員が休会の場合、少年会費を免除する。但し 後援会費は納入するものとする。

以上

昭和49年10月 1日  発議
昭和49年 9月 1日  実施
昭和52年 4月 1日  改正
昭和55年 5月11日  改正
昭和63年 4月22日  改正
平成 5年 4月25日  改正
平成24年 4月22日  改正